本文へジャンプ
 ホーム
          


 愛情と感化の心を持って、稽古へ参加して頂きます。愛情とは、「稽古は、勝負ではなく、稽古相手は、共に武の心を磨く協力者として尊重する」という考えを持ち、自分だけが上手くなろうという考えをなくして頂き、共に上手くなろうと努める事です。そんな理由から、【相手の為に、撃たれてあげる、相手に撃たせてもらう。】が、大切です。
 また感化とは、「手本になる」ということであり、相手やまわりの人たちへ手本とされる人間になる努力が大切です。普段の振る舞いから、誰かに影響を与え、良い流れを築いていくように「和の心を持って」稽古に励んでください。



 「形」には、見せる目的の演武用、伝えることを目的とした体系づけ、実用を目的とした稽古用などの目的があります。当道場では、伝えることを目的とした体系づけ、実用を目的とした稽古用として稽古しています。

 ”形”は攻防技術の極意そのものであり、防具を着けて撃ち合う実践稽古だけに偏ると、悪い癖がつき上達の遠回りをしていることになります。形を用いての一人稽古、防具を着け、形を用いた約束稽古を沢山稽古することで、見事な空乱撃に結実します。

 空乱撃とは、形を形としての稽古にとどめずに、形本来の目的である実用へと繋げる為に、対人間で行うものです。間合い、タイミング、恐怖感の克服、攻撃の好機、得意技の構築、いろいろな感覚を体験する稽古が可能であり、上達の度合いによっては受手から投げ、逆、崩しなどが可能な稽古法です。本来の目的は、格闘感覚を練り上げ、技を磨く稽古法なのです。
 
 形稽古というのは、倒し合いではなく、稽古相手と共に、自分の動き、相手の動きを学びつつ、その動きの反復動作によって、技術を体に覚えさせるものです。
 実際に、相手と乱稽古する時には、必ず形稽古の通りに動く必要はないのですが、まずは、基本的な動きを身に付け、その次段階として、形稽古から変化させた応用技へと稽古して行くようにしています。

 当道場では、伝えることを目的とした体系づけ、実用を目的とした稽古用として形を学ぶ為に、審査基準のとおりに稽古しておりません。ですが、いつでもどんな時でも、突然にいろんな形が出来るように体得しておこうと考えています。形から基本技術、拳法の動きを学びます。また、その形を体操のような捉え方で、楽しく沢山稽古しております。
 
    Copyright(C) 2008 日本拳法杉並クラブ Allrights reserved.